インタビュー 運営マネージャー


ユーザーに寄り添ったサービスを責任を持って提供したい CSマネジャー 兼 プロダクトマネジャー

大学で情報系を学んだのち、国内ERPパッケージソフト開発の企業に入社。研修後、人事志望だったのにもかかわらず、開発職に配属されました。入社からの2年間は、「とりあえず成長したい」という気持ちでがむしゃらにシステム開発をしていましたね。
実際に開発職をやってみると、それはそれで楽しかったのですが、やはり当初の「人に関わる仕事がしたい」という思いが強くなり人材業界の大手企業に転職。その会社でIT領域専門のキャリアアドバイザーとして3年ほど経験を積んだのち、paizaにジョインしました。

キャリアアドバイザーだと自分で面談できる人数がサポートできる範囲の限界となってしまうため、より多くの人に価値を提供ができる仕事をしたいと考えていました。日本中のターゲットとなるユーザーの過半数に使われるようなサービスを作りたいという思いがありました。
ユーザーに寄り添ったサービスを責任持って提供したいという気持ちが転職の決断を後押ししてくれました。

より多くの人に価値提供をしていきたい

決めた理由は、paiza がITエンジニアを顧客として捉えており、IT人材の成長プラットフォームを目指すなど、考え方が非常にユーザーファーストであることと、これまでのキャリアを生かして活躍できるイメージができたからです。
実際に入社してみて、今まで経験したことがない分析業務やサービス企画、UX設計などのさまざまな仕事に日々向き合っているのでその点は大変ですが、すごくやりがいを持って取り組めているので毎日が楽しいです。

より良いサービスを提供し続けていくには、目の前のユーザーだけでなく、常にpaizaに登録しているユーザー全体、さらにはまだpaizaを使っていないエンジニアにまで視野を広げた上で、目の前のユーザーに対応をしていく必要があると考えています。直接的に見えない分大変な部分も多いです。ただ、より多くの人に価値提供をしていきたいと思い転職したので、自分の視野が広がっていく楽しさや、より多くのITエンジニアにとっていい転職のサポートをできることに、とてもやりがいがあります。

多くのユーザーの力になれる組織にしていきたい

今よりもっと効率化してうまく仕組みで運用できるようにすることで、さらに多くのユーザーの力になれる組織にしていきたいです。今はまだまだ少ないメンバーで運用をしているので、オートメーション化するところができていなかったり、人がやるべきところを整理しきれていなかったりするので、ユーザー最適を考えつつ、より良いサービスを提供していきたいと思っています。そのためには、転職サービスとしてのコンテンツも今以上に充実させていきたいなと思います。まずはメンバーが安心して楽しく働ける環境や組織作りをするために日々努力しながら、サービスを大きくしていきたいです。

ちゃんと自分の軸や、意見を持っている人は活躍できると思います。ただ、自分の考えが強すぎて周囲の意見を柔軟に取り入れられないと、企業の文化と合わない可能性もあると思います。自身で感じることは「ユーザーのことを考えて、本当にこれでいいのか」と問い続け、考えを固定しないことが大切だなと実感しています。ITエンジニアを支援するサービスを展開しているので、ITエンジニアに興味や憧れがあるような方はご活躍いただけると思います。

Pickup Contents

  • コードクロニクル
  • コード・ガールこれくしょん
  • オンライン実行環境 paiza.io
  • 4コマ漫画ぱいじょ