ミッション

MISSION 異能をのばせ。 VISION IT人材のスキル/経験を可視化する成長プラットフォーム。 VALUE 1 困難でも成長につながる選択をする/2 粘り強くやり遂げる/3 卓越した強みを持つ/4 異能を持ち寄って価値を生む

■代表メッセージ

日本は島国という地理的背景から、出る杭は打たれ、他人と違うと非難されやすい村社会的な側面を強く持っており、これまで皆と同じであることがよしとされていた歴史があります。

また、これまでの日本の教育や働き方は、高度経済成長期に発達した終身雇用に適したあり方となっていました。終身雇用の世界では、1社でジョブローテーションをしながらその会社でのやり方を身につけ働き続けるのが前提とされています。そのため、全員が同じ内容を平均的にこなせることが強く求められてきました。

しかし、現在はネットワークが発達してグローバル化が進み、より開かれた世界になりました。今や平均的な人材でもできる仕事は、より単価の安い発展途上国に流れるようになってきています。そのため日本など生活コストの高い国では「その人にしかできないこと」や「複雑な課題の解決」が求められる時代へと変わってきました。

また、検索エンジンの発達した現在では、分からないことは検索すればすぐに見つかります。「答えがあることをよりすばやくやる」より「答えの分からないことを自分なりの解を出し突破する」姿勢が求められるのです。

つまり、「いかに人の中に眠っている異能をひきだすか」「そしてそれをどうやって社会につなげていくか」が求められている時代なのです。私たちはこの課題に取り組んでいます。

自分の持てる異能を存分に発揮し、それが周りからも感謝される状態をつくること。それこそが、ひとりひとりの幸せと社会全体の発展につながるとわたしたちは信じています。

もちろん、異能は簡単には手に入りません。数々のトライ&エラーと、たゆまぬ努力の結果、初めて人とは違う異能にたどりつくのです。そこで、paizaは異能を得るための成長を加速させる役割を担いたいと考え「異能をのばせ。」というミッションを掲げました。

スキルや経験を可視化することで、自分が今どういったレベルなのかを客観的に可視化・相対化し、人々の成長を加速させ、異能の獲得につなげていきたい。そしてその異能をつなぎ合わせていくことで、世界をアップデートし、より良い社会にしていきたいと考えています。

■社名の由来

paiza = エンジニアへの通行手形

13世紀にモンゴル帝国政府が発行した、街道沿いにある宿駅で宿泊したり、 馬を交換したりすることが可能な許可証を「パイザ」と呼んだそうです。弊社が運営するサービスが「エンジニア・プログラマの転職許可証的なサービス」となることを目指し「paiza」と名付けました。

paizaのロゴの鳥(パイザ君)は、モンゴルのパイザに彫られている鳥をモチーフにしています。

Pickup Contents

  • コードクロニクル
  • コード・ガールこれくしょん
  • オンライン実行環境 paiza.io
  • 4コマ漫画ぱいじょ